メールは hanahono.office2@gmail.com へお願いします(お使いのメールソフトが開きます)

◆Twitterはhttps://twitter.com/hanahono
新都社で漫画を描いています
・「ひとりぼっちのケリル」(2012/12/14更新・連載中)
・「nikako―ニカコ―」(2014/02/18更新・連載中)
・「ふわ〜り」(2010年夏ホラー漫画企画作品)
◆絵本(新都社文芸)
・「チャリティー・マラソン」(2012/08/31 読切)

2005.04.30

詩63

夢の中で思い出している
傷つけた人たちのこと
頼りにしてた人たちのこと
このページの最上部へ
posted by はなほの at 23:14 |

フリー素材:メニューボタン「スッポンモドキ-白-」

はじめにご利用規約をお読みいただき、ご同意いただける方のみお使い下さい。
素材にカーソルを合わせ、右クリックで「名前を付けて画像を保存」を選んで下さい。
macの方は長押しして画像に「名前を付けて保存」を選んで下さい。
絵の具をクリックすると素材の背景色が変わります。

#FFFFFF#99CCCC#CCCC99#66CCCC#999966#FFFFCC#FF3300#3399FF#666600#FFFF33#FF0066#333366#666666#FFCC00#990000#336666#663333#FF9999#990066#66CC33#330000#FF6666#FF99FF#99CC00#000000

色:背景=FFFFFF(白) 線=666666(グレー) マーク=CCCC00(アップルグリーン) 文字=660033(ボルドー)
フォント:Andale Mono IPA
《大》サイズ:150×150px,文字サイズ:21pt
《小》サイズ:100×100px,文字サイズ:14pt

色について(白共通の文章です)

白ってすっきりしてていいよね。全体的に色味を抑えた感じにしたんだけど、グリーンとボルドーはなかなか効いてるかなと思います。白はどんな色にも合いそうな感じがするけど、白を引き立たせる配色っていうのはあるよね。白の中に少しだけグレーがあると銀色っぽく見えて、洗練した感じが出るのではないだろうか?他に綺麗な色を持ってくる時は、特にいいよね。

色って面白いよね。PCでお絵かきできるようになってから、色を自在に変えられるから、いくらでも実験できて本当にありがたい。この遊びが終わる時はないって感じ。ふたつ以上の色を組み合わせることで、作用し合ってそれぞれの色に別の意味が生まれてくるのが楽しいね。清潔感とか、軽さとか、ジューシーな感じとか、大人びた感じとか…。きっと自然のイメージや、食べ物や、人間が作り出したものに日々触れている体験が、色を見る時いつも気持のいいものとして体に蘇っているんだろうね。

すべての色がそれぞれにいい、好きって思う、その自分の心の状態がとても好き。とても静かに、愛に満ちていくような、完全に世界を肯定しようとするような、乳児のような感覚…なんじゃないかと思う。すべての色が好きであるように、誰かが与えてくれる一瞬の感動を手掛かりにその人を愛せたら、そうしてすべての人を愛せたらいいのにって思う。でもとてもそんなことはできないんだけど。

デザインについて(スッポンモドキ共通の文章です)

ペットショップの水槽の並んでる辺りをうろうろしている時に「カメだ!」と思って観察していたら、水槽には「スッポンモドキ」と書かれた紙が貼ってあった。ふーんと思って見ていたら、こっちに向かって泳いでくる奴の顔がブタみたいだということに気づいて「あ、かわいい!!」と思った。
カメなのに鼻先がブタみたいで、鼻の穴が正面から見えるなんて…。しかもスッポンモドキって名前は…。

よく見てるとすいすいと水面まで上がって行って、鼻先だけ水から上に出して息を吸ってる様子。また潜って行って、ぷくぷく…と小さな泡を出しているのがまたかわいらしい。
鼻の下にある口でヒーター(なのかな?)の周りを保護しているゴムをかじかじとやたらに噛み付いていた。だから保護する必要があるのか…と思った。(ヒーターだったら直に触ったら危ないからか。)

帰ってからネットで調べたら「ブタバナガメ」という別名もあったので「あっやっぱり!!」と思い感動した。人気があるということも分かった。う〜ん、確かにすごく魅力的だ。
実際には目つきが鋭いというか、威厳があるというか…、そこがかわいいのですが、絵は私のイメージなので、スッポンモドキが好きな人が見たら「違うよー」と思うかもしれないけど、大目に見てね。

それにしても、動物の顔っていうのはとっても真面目だね。ヒキガエルを飼ってた時も思ったけど、動物の真剣な表情を見て、ただただ感動させられるんだよね。

メニューボタンについて(メニューボタン全体で共通の文章です)

画像の要素が少なめのシンプルなページに、この大きめのメニューボタンを並べたら可愛いかなと思って作りました。
背景や壁紙の色がこのボタンの中で使ってる色と同じだと、しっくり来ていいと思うけど、他にも相性のいい色はいっぱいあると思います。絵の具をクリックすると背景が変わるので、全部の色がある訳じゃないけど、参考になると思うのでいろんな色を試してみてね!
それぞれの色、絵柄は増やしていく予定なので、期待しててね!サイズは大と小の中間のサイズを作ることは考えてるけれど、このタイプのメニューボタンはこれ以上小さいのはデザインや文字が不明瞭になるので、作りません。もっと小さいボタンはまた別に作ります。
統一感のあるメニューボタンの使用の仕方にはいくつかのパターンがあると思うので、よかったら参考にしてみてね。

  • 同じ絵柄で同じ色で統一する
    (背景や壁紙にあう一色だけで統一する。全体のイメージが統一されるので選びやすい。)
  • 同じ絵柄でコンテンツごとに違う色にする
    (視覚的に区別しやすい。今のところ9色あるのでコンテンツが9個以内なら全部別の色を選べる。)
  • 違う絵柄で色を統一する
    (背景や壁紙にあう一色だけで統一する。絵柄の違いでコンテンツを区別する。今のところ4パターン。)
  • 絵柄も色も全部別にする
    (サイズや文字の配置はまったく同じなので、統一感がなくなるということはありません。コンテンツごとの区別は明確になり、かなり賑やかな印象になると思います。)
このページの最上部へ
posted by はなほの at 05:29 | フリー素材

フリー素材:メニューボタン「スッポンモドキ-モスグリーン-」

はじめにご利用規約をお読みいただき、ご同意いただける方のみお使い下さい。
素材にカーソルを合わせ、右クリックで「名前を付けて画像を保存」を選んで下さい。
macの方は長押しして画像に「名前を付けて保存」を選んで下さい。
絵の具をクリックすると素材の背景色が変わります。

#FFFFFF#99CCCC#CCCC99#66CCCC#999966#FFFFCC#FF3300#3399FF#666600#FFFF33#FF0066#333366#666666#FFCC00#990000#336666#663333#FF9999#990066#66CC33#330000#FF6666#FF99FF#99CC00#000000

色:背景=999966(モスグリーン) 線=003366(インディゴ) マーク=FF3300(スカーレット) 文字=FFFFFF(白)
フォント:Andale Mono IPA
《大》サイズ:150×150px,文字サイズ:21pt
《小》サイズ:100×100px,文字サイズ:14pt

色について(モスグリーン共通の文章です)

色の名前は、いい名前があったらどんどん更新していきます。なるべく一般的な名前の方がわかり易いと思うので。
この素材のモスグリーンは、沈んで見えるけど意外と明るい色です。あんまり緑の色味が強すぎないので、暖色系のビビッドな色とも相性がいいし、ここで使ってる白や紺と一緒でも綺麗です。

このモスグリーンは、小学校の高学年くらいの時にすごくいいと思ってた記憶がある。色の好みってすごく変わってくよね。何か急に「この色かっこいい!!」って思ったら、何でもその色が欲しくなって、服の組み合わせとか、そもそもその色が自分に似合うのかどうかも関係なく、やたら自分の中で流行ってしまう。
自分では覚えてないんだけど、好みを言い始めた頃(2、3歳かな?)は黄色が好きだったらしい。その話をよく昔から聞かされたんだけど、何か黄色は大人っぽい色じゃないような気がして、ずっとあんまり好きじゃなかった。(色の好みだけでなく、自分の過去を常に否定しようとしていた青春時代…、く、暗い…。)
でも不思議とまたある時期から黄色が好きになり始めた。身に着けるものにはほとんど選ばないけど、見るのは好き。黄色は集中力が高くなる色とも言うし。

デザインについて(スッポンモドキ共通の文章です)

ペットショップの水槽の並んでる辺りをうろうろしている時に「カメだ!」と思って観察していたら、水槽には「スッポンモドキ」と書かれた紙が貼ってあった。ふーんと思って見ていたら、こっちに向かって泳いでくる奴の顔がブタみたいだということに気づいて「あ、かわいい!!」と思った。
カメなのに鼻先がブタみたいで、鼻の穴が正面から見えるなんて…。しかもスッポンモドキって名前は…。

よく見てるとすいすいと水面まで上がって行って、鼻先だけ水から上に出して息を吸ってる様子。また潜って行って、ぷくぷく…と小さな泡を出しているのがまたかわいらしい。
鼻の下にある口でヒーター(なのかな?)の周りを保護しているゴムをかじかじとやたらに噛み付いていた。だから保護する必要があるのか…と思った。(ヒーターだったら直に触ったら危ないからか。)

帰ってからネットで調べたら「ブタバナガメ」という別名もあったので「あっやっぱり!!」と思い感動した。人気があるということも分かった。う〜ん、確かにすごく魅力的だ。
実際には目つきが鋭いというか、威厳があるというか…、そこがかわいいのですが、絵は私のイメージなので、スッポンモドキが好きな人が見たら「違うよー」と思うかもしれないけど、大目に見てね。

それにしても、動物の顔っていうのはとっても真面目だね。ヒキガエルを飼ってた時も思ったけど、動物の真剣な表情を見て、ただただ感動させられるんだよね。

メニューボタンについて(メニューボタン全体で共通の文章です)

画像の要素が少なめのシンプルなページに、この大きめのメニューボタンを並べたら可愛いかなと思って作りました。
背景や壁紙の色がこのボタンの中で使ってる色と同じだと、しっくり来ていいと思うけど、他にも相性のいい色はいっぱいあると思います。絵の具をクリックすると背景が変わるので、全部の色がある訳じゃないけど、参考になると思うのでいろんな色を試してみてね!
それぞれの色、絵柄は増やしていく予定なので、期待しててね!サイズは大と小の中間のサイズを作ることは考えてるけれど、このタイプのメニューボタンはこれ以上小さいのはデザインや文字が不明瞭になるので、作りません。もっと小さいボタンはまた別に作ります。
統一感のあるメニューボタンの使用の仕方にはいくつかのパターンがあると思うので、よかったら参考にしてみてね。

  • 同じ絵柄で同じ色で統一する
    (背景や壁紙にあう一色だけで統一する。全体のイメージが統一されるので選びやすい。)
  • 同じ絵柄でコンテンツごとに違う色にする
    (視覚的に区別しやすい。今のところ9色あるのでコンテンツが9個以内なら全部別の色を選べる。)
  • 違う絵柄で色を統一する
    (背景や壁紙にあう一色だけで統一する。絵柄の違いでコンテンツを区別する。今のところ4パターン。)
  • 絵柄も色も全部別にする
    (サイズや文字の配置はまったく同じなので、統一感がなくなるということはありません。コンテンツごとの区別は明確になり、かなり賑やかな印象になると思います。)
このページの最上部へ
posted by はなほの at 01:44 | フリー素材
2005.04.29

CGイラスト:なんと!

なんと!

このページの最上部へ
posted by はなほの at 11:29 | gifイラスト

フリー素材:メニューボタン「スッポンモドキ-グレー-」

はじめにご利用規約をお読みいただき、ご同意いただける方のみお使い下さい。
素材にカーソルを合わせ、右クリックで「名前を付けて画像を保存」を選んで下さい。
macの方は長押しして画像に「名前を付けて保存」を選んで下さい。
絵の具をクリックすると素材の背景色が変わります。

#FFFFFF#99CCCC#CCCC99#66CCCC#999966#FFFFCC#FF3300#3399FF#666600#FFFF33#FF0066#333366#666666#FFCC00#990000#336666#663333#FF9999#990066#66CC33#330000#FF6666#FF99FF#99CC00#000000

色:背景=666666(グレー) 線=99CCCC(くすんだ水色) マーク=FFCC00(オレンジ) 文字=FFFFFF(白)
フォント:Andale Mono IPA
《大》サイズ:150×150px,文字サイズ:21pt
《小》サイズ:100×100px,文字サイズ:14pt

色について(グレー共通の文章です)

濃い目のグレーなので、使いやすい色ではあると思います。線に使っているくすんだ水色は、グレーにとけるけど白っぽいのでその分浮いて見えるし、おしりのマークに使っているオレンジは明るく引き立っているので、なかなか相性がいいんじゃないかと思います。
配色ってある程度法則があるのは事実で、例えば系統の近い色同士は、少し色味をずらして明るさで差を付けると、相性がいい上にちゃんと視覚的に区別できていい、とか言えると思うんだけど、結局何がいいかっていうのは、個人の感覚で差がでるんだろうな。自分の基準で好きな法則を持ってる人もいるだろうし。
Webは特に、テキストやボタンなどが見辛くなるのは絶対に避けなきゃならないから、なるべく際立たせたいけど、それで全体をまとまった印象にするためにどう配色していくか…なんだよね。地味な色を基調とする方が自由度が高いのは事実という気がするけど。

デザインについて(スッポンモドキ共通の文章です)

ペットショップの水槽の並んでる辺りをうろうろしている時に「カメだ!」と思って観察していたら、水槽には「スッポンモドキ」と書かれた紙が貼ってあった。ふーんと思って見ていたら、こっちに向かって泳いでくる奴の顔がブタみたいだということに気づいて「あ、かわいい!!」と思った。
カメなのに鼻先がブタみたいで、鼻の穴が正面から見えるなんて…。しかもスッポンモドキって名前は…。

よく見てるとすいすいと水面まで上がって行って、鼻先だけ水から上に出して息を吸ってる様子。また潜って行って、ぷくぷく…と小さな泡を出しているのがまたかわいらしい。
鼻の下にある口でヒーター(なのかな?)の周りを保護しているゴムをかじかじとやたらに噛み付いていた。だから保護する必要があるのか…と思った。(ヒーターだったら直に触ったら危ないからか。)

帰ってからネットで調べたら「ブタバナガメ」という別名もあったので「あっやっぱり!!」と思い感動した。人気があるということも分かった。う〜ん、確かにすごく魅力的だ。
実際には目つきが鋭いというか、威厳があるというか…、そこがかわいいのですが、絵は私のイメージなので、スッポンモドキが好きな人が見たら「違うよー」と思うかもしれないけど、大目に見てね。

それにしても、動物の顔っていうのはとっても真面目だね。ヒキガエルを飼ってた時も思ったけど、動物の真剣な表情を見て、ただただ感動させられるんだよね。

メニューボタンについて(メニューボタン全体で共通の文章です)

画像の要素が少なめのシンプルなページに、この大きめのメニューボタンを並べたら可愛いかなと思って作りました。
背景や壁紙の色がこのボタンの中で使ってる色と同じだと、しっくり来ていいと思うけど、他にも相性のいい色はいっぱいあると思います。絵の具をクリックすると背景が変わるので、全部の色がある訳じゃないけど、参考になると思うのでいろんな色を試してみてね!
それぞれの色、絵柄は増やしていく予定なので、期待しててね!サイズは大と小の中間のサイズを作ることは考えてるけれど、このタイプのメニューボタンはこれ以上小さいのはデザインや文字が不明瞭になるので、作りません。もっと小さいボタンはまた別に作ります。
統一感のあるメニューボタンの使用の仕方にはいくつかのパターンがあると思うので、よかったら参考にしてみてね。

  • 同じ絵柄で同じ色で統一する
    (背景や壁紙にあう一色だけで統一する。全体のイメージが統一されるので選びやすい。)
  • 同じ絵柄でコンテンツごとに違う色にする
    (視覚的に区別しやすい。今のところ9色あるのでコンテンツが9個以内なら全部別の色を選べる。)
  • 違う絵柄で色を統一する
    (背景や壁紙にあう一色だけで統一する。絵柄の違いでコンテンツを区別する。今のところ4パターン。)
  • 絵柄も色も全部別にする
    (サイズや文字の配置はまったく同じなので、統一感がなくなるということはありません。コンテンツごとの区別は明確になり、かなり賑やかな印象になると思います。)
このページの最上部へ
posted by はなほの at 03:14 | フリー素材

フリー素材:メニューボタン「スッポンモドキ-緑っぽいベージュ-」

はじめにご利用規約をお読みいただき、ご同意いただける方のみお使い下さい。
素材にカーソルを合わせ、右クリックで「名前を付けて画像を保存」を選んで下さい。
macの方は長押しして画像に「名前を付けて保存」を選んで下さい。
絵の具をクリックすると素材の背景色が変わります。

#FFFFFF#99CCCC#CCCC99#66CCCC#999966#FFFFCC#FF3300#3399FF#666600#FFFF33#FF0066#333366#666666#FFCC00#990000#336666#663333#FF9999#990066#66CC33#330000#FF6666#FF99FF#99CC00#000000

色:背景=CCCC99(緑っぽいベージュ) 線=FFFFFF(白) マーク=990033(チェリー) 文字=333333(チャコールグレー)
フォント:Andale Mono IPA
《大》サイズ:150×150px,文字サイズ:21pt
《小》サイズ:100×100px,文字サイズ:14pt

色について(緑っぽいベージュ共通の文章です)

この色、いろんな色と相性がよくてすごくいい色だと思うんだけど、色の名前を何て表現すればいいのか難しい。何となく「緑っぽいベージュ」って呼んでるんだけど、ベージュは茶色っぽいからなー。色に名前を付けるのは難しいね。一般的な呼び方はいろいろあるんだろうけど、ここでは色をイメージしやすいと私が考える名前を一応つけておきますね。
この「緑っぽいベージュ」は黒や紺や白と組み合わせても上品だし、赤系や青系の鮮やかな色も引き立たせるし、他にもきっといっぱいあるんだろうな。風景の中とか、誰かの服の組み合わせとか、あらゆるものを見て「あっこれいい!」と思って盗んだりするよね。素敵な配色を発見したいなー。

デザインについて(スッポンモドキ共通の文章です)

ペットショップの水槽の並んでる辺りをうろうろしている時に「カメだ!」と思って観察していたら、水槽には「スッポンモドキ」と書かれた紙が貼ってあった。ふーんと思って見ていたら、こっちに向かって泳いでくる奴の顔がブタみたいだということに気づいて「あ、かわいい!!」と思った。
カメなのに鼻先がブタみたいで、鼻の穴が正面から見えるなんて…。しかもスッポンモドキって名前は…。

よく見てるとすいすいと水面まで上がって行って、鼻先だけ水から上に出して息を吸ってる様子。また潜って行って、ぷくぷく…と小さな泡を出しているのがまたかわいらしい。
鼻の下にある口でヒーター(なのかな?)の周りを保護しているゴムをかじかじとやたらに噛み付いていた。だから保護する必要があるのか…と思った。(ヒーターだったら直に触ったら危ないからか。)

帰ってからネットで調べたら「ブタバナガメ」という別名もあったので「あっやっぱり!!」と思い感動した。人気があるということも分かった。う〜ん、確かにすごく魅力的だ。
実際には目つきが鋭いというか、威厳があるというか…、そこがかわいいのですが、絵は私のイメージなので、スッポンモドキが好きな人が見たら「違うよー」と思うかもしれないけど、大目に見てね。

それにしても、動物の顔っていうのはとっても真面目だね。ヒキガエルを飼ってた時も思ったけど、動物の真剣な表情を見て、ただただ感動させられるんだよね。

メニューボタンについて(メニューボタン全体で共通の文章です)

画像の要素が少なめのシンプルなページに、この大きめのメニューボタンを並べたら可愛いかなと思って作りました。
背景や壁紙の色がこのボタンの中で使ってる色と同じだと、しっくり来ていいと思うけど、他にも相性のいい色はいっぱいあると思います。絵の具をクリックすると背景が変わるので、全部の色がある訳じゃないけど、参考になると思うのでいろんな色を試してみてね!
それぞれの色、絵柄は増やしていく予定なので、期待しててね!サイズは大と小の中間のサイズを作ることは考えてるけれど、このタイプのメニューボタンはこれ以上小さいのはデザインや文字が不明瞭になるので、作りません。もっと小さいボタンはまた別に作ります。
統一感のあるメニューボタンの使用の仕方にはいくつかのパターンがあると思うので、よかったら参考にしてみてね。

  • 同じ絵柄で同じ色で統一する
    (背景や壁紙にあう一色だけで統一する。全体のイメージが統一されるので選びやすい。)
  • 同じ絵柄でコンテンツごとに違う色にする
    (視覚的に区別しやすい。今のところ9色あるのでコンテンツが9個以内なら全部別の色を選べる。)
  • 違う絵柄で色を統一する
    (背景や壁紙にあう一色だけで統一する。絵柄の違いでコンテンツを区別する。今のところ4パターン。)
  • 絵柄も色も全部別にする
    (サイズや文字の配置はまったく同じなので、統一感がなくなるということはありません。コンテンツごとの区別は明確になり、かなり賑やかな印象になると思います。)
このページの最上部へ
posted by はなほの at 02:29 | フリー素材
2005.04.27

詩62

闇はすぐ傍にある
君はそっちへ流されちゃだめだ
累々と横たわる
おぞましい人間たちの中から
君を連れ出したかった

君は自分の手で扉を開けろ
どんなに怖くても
すべてを見るんだ
私は少しだけ先に行ってる
君はひとりで来い

誰かを連れてきたら
ここには来れない
誰も教えてくれないことが本当だ
誰にも訊くな
君が決めろ
このページの最上部へ
posted by はなほの at 19:14 |
2005.04.26

みん太の詩と文:詩1:存在

目標はない
目的はない
価値はない
正義はない
未来はない
このページの最上部へ
posted by はなほの at 23:49 | みん太の詩と文

フリー素材:メニューボタン「スッポンモドキ-甘い水色-」

はじめにご利用規約をお読みいただき、ご同意いただける方のみお使い下さい。
素材にカーソルを合わせ、右クリックで「名前を付けて画像を保存」を選んで下さい。
macの方は長押しして画像に「名前を付けて保存」を選んで下さい。
絵の具をクリックすると素材の背景色が変わります。

#FFFFFF#99CCCC#CCCC99#66CCCC#999966#FFFFCC#FF3300#3399FF#666600#FFFF33#FF0066#333366#666666#FFCC00#990000#336666#663333#FF9999#990066#66CC33#330000#FF6666#FF99FF#99CC00#000000

色:背景=66CCCC(甘い水色) 線=666600(オリーブ) マーク=FF0000(朱) 文字=000000(黒)
フォント:Andale Mono IPA
《大》サイズ:150×150px,文字サイズ:21pt
《小》サイズ:100×100px,文字サイズ:14pt

色について(甘い水色共通の文章です)

ちょっと黄みがかった水色って可愛いよね。美味しそう。何の味みたいなのか説明できないけど、何か甘そうだ。そういう訳で私はこのような色を心の中で「甘い水色」と呼んでいるのだった。

デザインについて

ペットショップの水槽の並んでる辺りをうろうろしている時に「カメだ!」と思って観察していたら、水槽には「スッポンモドキ」と書かれた紙が貼ってあった。ふーんと思って見ていたら、こっちに向かって泳いでくる奴の顔がブタみたいだということに気づいて「あ、かわいい!!」と思った。
カメなのに鼻先がブタみたいで、鼻の穴が正面から見えるなんて…。しかもスッポンモドキって名前は…。

よく見てるとすいすいと水面まで上がって行って、鼻先だけ水から上に出して息を吸ってる様子。また潜って行って、ぷくぷく…と小さな泡を出しているのがまたかわいらしい。
鼻の下にある口でヒーター(なのかな?)の周りを保護しているゴムをかじかじとやたらに噛み付いていた。だから保護する必要があるのか…と思った。(ヒーターだったら直に触ったら危ないからか。)

帰ってからネットで調べたら「ブタバナガメ」という別名もあったので「あっやっぱり!!」と思い感動した。人気があるということも分かった。う〜ん、確かにすごく魅力的だ。
実際には目つきが鋭いというか、威厳があるというか…、そこがかわいいのですが、絵は私のイメージなので、スッポンモドキが好きな人が見たら「違うよー」と思うかもしれないけど、大目に見てね。

それにしても、動物の顔っていうのはとっても真面目だね。ヒキガエルを飼ってた時も思ったけど、動物の真剣な表情を見て、ただただ感動させられるんだよね。

メニューボタンについて(メニューボタン全体で共通の文章です)

画像の要素が少なめのシンプルなページに、この大きめのメニューボタンを並べたら可愛いかなと思って作りました。
背景や壁紙の色がこのボタンの中で使ってる色と同じだと、しっくり来ていいと思うけど、他にも相性のいい色はいっぱいあると思います。絵の具をクリックすると背景が変わるので、全部の色がある訳じゃないけど、参考になると思うのでいろんな色を試してみてね!
それぞれの色、絵柄は増やしていく予定なので、期待しててね!サイズは大と小の中間のサイズを作ることは考えてるけれど、このタイプのメニューボタンはこれ以上小さいのはデザインや文字が不明瞭になるので、作りません。もっと小さいボタンはまた別に作ります。
統一感のあるメニューボタンの使用の仕方にはいくつかのパターンがあると思うので、よかったら参考にしてみてね。

  • 同じ絵柄で同じ色で統一する
    (背景や壁紙にあう一色だけで統一する。全体のイメージが統一されるので選びやすい。)
  • 同じ絵柄でコンテンツごとに違う色にする
    (視覚的に区別しやすい。今のところ9色あるのでコンテンツが9個以内なら全部別の色を選べる。)
  • 違う絵柄で色を統一する
    (背景や壁紙にあう一色だけで統一する。絵柄の違いでコンテンツを区別する。今のところ4パターン。)
  • 絵柄も色も全部別にする
    (サイズや文字の配置はまったく同じなので、統一感がなくなるということはありません。コンテンツごとの区別は明確になり、かなり賑やかな印象になると思います。)
このページの最上部へ
posted by はなほの at 21:05 | フリー素材
2005.04.25

鉛筆デッサン:人物7(ヌード)

人物7(ヌード)
画像:人物7(ヌード)

ベッドに横たわる裸の女性です。どうしても余白が多く残ってしまう…。もっと全体にうまく納めたいんだけど、描いていくと思ったより体が小さくまとまってしまう。難しいな。
でも、腰をちょっとひねったポーズが気に入ったので載せました。こうやって手足を小さく折り畳んでると、意外な可愛さが出るんだよね。

体って見慣れてるようで、ふと美しさを再発見できることがあると思う。(体に限らず、あらゆるものをだけど。)女の人は寝ると重力で胸が小さくなった感じするけど、それを横から見ると引っ張られてるのになお膨らみがあることが、何かすごく素敵だと思った!
実物を写し取ろうとすると、僅かな凹凸が綺麗なんだってことに気づかされるんだよね。美とは、発見するものなのだね。
このページの最上部へ
posted by はなほの at 21:54 | 鉛筆デッサン
2005.04.24

詩61

頭の芯がすーっと冷えて
素敵なことをたくさん思いついた
このページの最上部へ
posted by はなほの at 22:25 |

フリー素材:メニューボタン「うさぎのおっぱい-藍色-」

はじめにご利用規約をお読みいただき、ご同意いただける方のみお使い下さい。
素材にカーソルを合わせ、右クリックで「名前を付けて画像を保存」を選んで下さい。
macの方は長押しして画像に「名前を付けて保存」を選んで下さい。
絵の具をクリックすると素材の背景色が変わります。

#FFFFFF#99CCCC#CCCC99#66CCCC#999966#FFFFCC#FF3300#3399FF#666600#FFFF33#FF0066#333366#666666#FFCC00#990000#336666#663333#FF9999#990066#66CC33#330000#FF6666#FF99FF#99CC00#000000

色:背景=333366(藍色) 線=CCCC99(緑っぽいベージュ) マーク=FFFF00(黄) 文字=FFFFCC(クリーム)
フォント:Andale Mono IPA
《大》サイズ:150×150px,文字サイズ:21pt
《小》サイズ:100×100px,文字サイズ:14pt

色について(藍色共通の文章です)

藍色とか紺色って(紺色の方が濃いらしいんだけど)、とっても上品な色というイメージがあるよね。明るい色でも落ち着いた色でも、相性がいいと思うし。色白の人がこの色の服を着てると、肌の色がすっごく綺麗に見えてどきっ…としたりするのだった。自分はもともと白い方じゃない上に、あんまり日焼けとか気にしないんだけど(て言うか日焼け対策が面倒臭くてできない)、藍色の服の袖から白い腕がすらっと出るのにはとても憧れるんだよねー。

そういう訳で、おしゃれで使いやすい色だと思います。藍染のイメージがあるからだと思うんだけど、何となくこの色を見ると肌触りのいい綿の布を連想する。見ていて落ち着く色だし、身に着けると賢く見えるような気がする。

デザインについて(うさぎのおっぱい共通の文章です)

裸のうさぎは子供の頃からよく描いてました。この絵はシャワーを浴びてるようなイメージです。このデザインは上半身までが四角の中に納まっているので、同じ色の中には置かない方がいいと思います。(つまりボタンと同じ色の背景や壁紙の中に置くと、絵がうさぎの腰のところで途切れるので変な感じになります。)

うさぎはたくさんいますが、みな美しい体型をしています。女のうさぎだけではなく、男のうさぎもいます。子供のうさぎや老いたうさぎはいません。顔のあるうさぎは興醒めです。
これからもこのブログの色んなところにうさぎは登場すると思うので、よろしくね!!

メニューボタンについて(メニューボタン全体で共通の文章です)

画像の要素が少なめのシンプルなページに、この大きめのメニューボタンを並べたら可愛いかなと思って作りました。
背景や壁紙の色がこのボタンの中で使ってる色と同じだと、しっくり来ていいと思うけど、他にも相性のいい色はいっぱいあると思います。絵の具をクリックすると背景が変わるので、全部の色がある訳じゃないけど、参考になると思うのでいろんな色を試してみてね!
それぞれの色、絵柄は増やしていく予定なので、期待しててね!サイズは大と小の中間のサイズを作ることは考えてるけれど、このタイプのメニューボタンはこれ以上小さいのはデザインや文字が不明瞭になるので、作りません。もっと小さいボタンはまた別に作ります。
統一感のあるメニューボタンの使用の仕方にはいくつかのパターンがあると思うので、よかったら参考にしてみてね。

  • 同じ絵柄で同じ色で統一する
    (背景や壁紙にあう一色だけで統一する。全体のイメージが統一されるので選びやすい。)
  • 同じ絵柄でコンテンツごとに違う色にする
    (視覚的に区別しやすい。今のところ9色あるのでコンテンツが9個以内なら全部別の色を選べる。)
  • 違う絵柄で色を統一する
    (背景や壁紙にあう一色だけで統一する。絵柄の違いでコンテンツを区別する。今のところ4パターン。)
  • 絵柄も色も全部別にする
    (サイズや文字の配置はまったく同じなので、統一感がなくなるということはありません。コンテンツごとの区別は明確になり、かなり賑やかな印象になると思います。)
このページの最上部へ
posted by はなほの at 17:44 | フリー素材
2005.04.23

バランスへの挑戦その4(画像:ペラペラ)

ひとことで言うなら、ひとりで立ってる人が偉いってことなんだよね。「詩55」で言いたかったのも、そういうことだったんだよね。誰かに寄り掛からずに、自分でバランスを取りながら立ち続けるって覚悟を持った人にしか感じられない風があるんじゃないかと思って。
人間が重力に逆らって、自分自身の体重を両脚で支えながら立ち続けるっていうのは、本当は大変なことなんだよね。自分の体重さえ支えられない人が、他の人を助けようとしたり、それをいいことに周囲の人が際限なく寄り掛かったりするというのは世の常だけど、それを美談にしたら駄目なんだ。本当に誰かを幸せにしたいなら、自分が幸せになってその生き方を見せるってことしかないんだよね。

だけど現実には多くの人が、自分の今の状況を肯定する集団に安全な居場所を与えられれば、容易く人生を受け渡してしまう。そういう居場所が周り中に用意されていて、むしろそこに所属することが大人になることだと教えられる。そして本当は似たもの同士で集まってるだけの集団なのに、そこで認められて上に行くことが人生のステップアップだって思い込まされてる。学校に始まり、人生を支配し続けるその呪縛を、一体どうやったら解くことができるんだろう?

日本人は一生大人になれない民族だ。ごく一握りの本物だけが、しかも運のよかった人だけが、そのからくりに気づいて大人になろうとする。そういう人たちが必死で正気っていうものに気づかせようとするんだけど、日本人でそっち側に行くためには、大抵ものすごいトラウマを背負いながら生きるか死ぬかのところを通っていかなきゃならない。それも自分ひとりでそのことを受け入れた人だけ。だから、他の国に比べてすごく遅い。いつも遅すぎる。

自分がすぐに「日本人は…」とかいうのもどうかと思ってるけど…。結局自分のことでしかないからさ。でも自分の目をずっと曇らせたまま許していた(?)この世界の仕組みを解明していくってことはもう自分の一生の仕事だと思ってるから。(偉そうな言い方ではずいけど…。)またそればっかりになると、それを言い訳に自分自身の人生をなおざりにしちゃいそうだから気をつけなきゃいけないけど。私たち暮らしを放ったらかしで日本論みたいの喋ってばっかりだからな…。かなりバランスを欠いているのだった。

その5に続くかも。
ペラペラ
画像:ペラペラ
このページの最上部へ
posted by はなほの at 23:24 | らくがきと文章
2005.04.22

ペン画:Aphex Twin[Untitled Track]

Aphex Twin[Untitled Track]
画像:Aphex Twin[Untitled Track](水性ペン、水彩色鉛筆、ケント紙)

3年くらい前にAphex Twinのアルバム『Selected Ambient Works, Vol. 2』Disc 1の1曲目を聴いて描きました。何だかとっても恥ずかしいんだけど…。 
詩42」も実はエイフェックスを聴いてる時に書いたんだけど、エイフェックスの音楽って本当に何て俗なところがないんだろう。自然そのものなんだよね。

空からふいよふいよ…と海に落下したものが、水面に着地した後、また緩やかに水の中を降りていく…みたいなイメージで描きました。夜の海に、光を放ちながらゆっくりと落下していく運動。この落下の描く軌道は、ずっと自分の中にあったイメージとうまく結びついてすんなり形になりました。

この線は、大きな河を空から見た流路のイメージなんじゃないかと思う。蛇行ですね。アマゾンの密林の中を蛇行する川の映像とか見ると、胸がときめくよね。
あともうひとつ、うねりながら縦に流れていくイメージは、書道のかな文字なんじゃないかと思う。子供の頃に書道を習っていて、ふわりふわりと左右に振れながら降りていく線にとても魅せられていたような気がする。今でもうまい人の筆の流れを見るのが好きで、じーっとただただ眺めてしまうんだよね。日本人の文字の感性っていうのはやっぱり水の流れからくるものなんだろうけど。

このページの最上部へ
posted by はなほの at 23:34 | ペン画

フリー素材:メニューボタン「うさぎのおっぱい-葉っぱの緑-」

はじめにご利用規約をお読みいただき、ご同意いただける方のみお使い下さい。
素材にカーソルを合わせ、右クリックで「名前を付けて画像を保存」を選んで下さい。
macの方は長押しして画像に「名前を付けて保存」を選んで下さい。
絵の具をクリックすると素材の背景色が変わります。

#FFFFFF#99CCCC#CCCC99#66CCCC#999966#FFFFCC#FF3300#3399FF#666600#FFFF33#FF0066#333366#666666#FFCC00#990000#336666#663333#FF9999#990066#66CC33#330000#FF6666#FF99FF#99CC00#000000

色:背景=66CC33(葉っぱの緑) 線=333366(藍色) マーク=FFFF00(黄) 文字=FFFFFF(白)
フォント:Andale Mono IPA
《大》サイズ:150×150px,文字サイズ:21pt
《小》サイズ:100×100px,文字サイズ:14pt

色について(葉っぱの緑共通の文章です)

厳密に色の名前を言うのは諦めて、なるべく自分の感覚に即した呼び方をしようと思うんだけど、一応気になって手元にある本とWebで調べてる。でも結構見る資料によって違ったりするし、微妙な違いを見極める目にもあんまり自信がないし、それに日本やヨーロッパの伝統色でぴったり来る色の名前があっても、何となくその言葉が生まれた文化の土壌に馴染みがないと使いにくいものだね。

この緑は「萌葱(萌黄)」という色に比較的近いように思うんだけど、日本の伝統色はとっても微妙な世界なので、一応私のイメージで「葉っぱの緑」と呼んでおきます。その方が絶対に曖昧なんだけど、私にとってはとってもしっくりくるので…。
すごく水気が多い、若い葉っぱの色って感じがする。どきっとするほど気持いい色だから、視界をこの色だけで覆い尽くしたらどんなにいいだろうって思うような色。この色を見つける時に、不思議な感動がある、というような。

どの色も好きなんだけど、特に青系や緑系の鮮やかな色には、はっとするほど強烈に惹かれることがある。見ているだけで魂が浄化されるような感じがして、その一色だけに完全に包まれてしまいたくなる。どの色に強く惹かれるかって、人によって違いがあるんだろうね。そういうの面白いね。

デザインについて(うさぎのおっぱい共通の文章です)

裸のうさぎは子供の頃からよく描いてました。この絵はシャワーを浴びてるようなイメージです。このデザインは上半身までが四角の中に納まっているので、同じ色の中には置かない方がいいと思います。(つまりボタンと同じ色の背景や壁紙の中に置くと、絵がうさぎの腰のところで途切れるので変な感じになります。)

うさぎはたくさんいますが、みな美しい体型をしています。女のうさぎだけではなく、男のうさぎもいます。子供のうさぎや老いたうさぎはいません。顔のあるうさぎは興醒めです。
これからもこのブログの色んなところにうさぎは登場すると思うので、よろしくね!!

メニューボタンについて(メニューボタン全体で共通の文章です)

画像の要素が少なめのシンプルなページに、この大きめのメニューボタンを並べたら可愛いかなと思って作りました。
背景や壁紙の色がこのボタンの中で使ってる色と同じだと、しっくり来ていいと思うけど、他にも相性のいい色はいっぱいあると思います。絵の具をクリックすると背景が変わるので、全部の色がある訳じゃないけど、参考になると思うのでいろんな色を試してみてね!
それぞれの色、絵柄は増やしていく予定なので、期待しててね!サイズは大と小の中間のサイズを作ることは考えてるけれど、このタイプのメニューボタンはこれ以上小さいのはデザインや文字が不明瞭になるので、作りません。もっと小さいボタンはまた別に作ります。
統一感のあるメニューボタンの使用の仕方にはいくつかのパターンがあると思うので、よかったら参考にしてみてね。

  • 同じ絵柄で同じ色で統一する
    (背景や壁紙にあう一色だけで統一する。全体のイメージが統一されるので選びやすい。)
  • 同じ絵柄でコンテンツごとに違う色にする
    (視覚的に区別しやすい。今のところ9色あるのでコンテンツが9個以内なら全部別の色を選べる。)
  • 違う絵柄で色を統一する
    (背景や壁紙にあう一色だけで統一する。絵柄の違いでコンテンツを区別する。今のところ4パターン。)
  • 絵柄も色も全部別にする
    (サイズや文字の配置はまったく同じなので、統一感がなくなるということはありません。コンテンツごとの区別は明確になり、かなり賑やかな印象になると思います。)
このページの最上部へ
posted by はなほの at 16:55 | フリー素材
2005.04.21

バランスへの挑戦その3(画像:お株)

言葉によって随分救われて、言葉によって同じくらい苦しめられてきたなって思うよ。言葉は、特に日本語は、技術なんだよね。同じ事柄でも何通りも言い方があって、その匙加減で印象をコントロールできちゃう訳じゃん。就活とかで散々聞かされた、プレゼン能力とかっていうのも要はそういうことでしょ。テレビCMなんかは分かりやすいけど、あれはいくら企業が物を売るためだって頭で分かってても、知らず知らずイメージに騙されてるもの。
ニュースで戦争で何人死んだって話の後で、顔色変えずにプロ野球の話になったりとかって、誰だってその違和感を口にすることくらいはあるんだけど、恐ろしいくらいに慣らされてしまってるよね。残酷なこと、理不尽なこと、都合の悪いこと、何だって嘘と言えない範囲で柔らかい言い方ができてしまう。

昔はあんまり言葉に注意してなかった。すごく無自覚に言葉を使ってしまってた。そのことに対する不安みたいのは確かにあったんだけど。それである程度歳を取って、言葉で他人がコントロールできるんだなって分かってからは、すごく警戒心が強くなった。言葉ひとつで物事が有利に運ぶか、とんでもない不利を被るか、みたいなことが分かってから、そういう技術で実績を積む手応えがあったりして。
でもそんなこと、大事な人にはやりたくないんだ。人と本当に繋がりたい時に、もし相手の感情をコントロールしたいって気持があったら、きっと見抜かれちゃうもんね。

女は男のことを永久に理解しないだろうし、血液型による発想の違いだって(私は血液型による個性の差というものをかなり信用してる)これだけ違う。二人暮らしというものをやってきて、私たちは何度も何度も傷つけ合ってきて、ようやく分かるようになってきたのは、自分にとっての前提を、もう一度説明しなおさなきゃならないかもしれないってことなんだよね。
ある年齢に達したら、多くの人が一緒に暮らし始めたり、結婚したりするけど、ひとつの家庭の中で違いを受け入れて生きていくって、本当に難しいことなんだよね。誰にだって難しいことのはずなのに、うまくやってる人たちはその技術を教えてくれないし、問題を抱えてる人たちも自分たちよりうまくいかない人たちを馬鹿にすることでまとまったりしてる。好きで一緒になったんだから、できるのが当たり前だろうっていう見えない圧力があるんだよね。

それが世界規模の話になってくると、本当に大変なことなんだよね。相互理解とかって簡単に言ったりするけど、個々の違いっていうことを顕在化させるのが下手な日本人に、そんなこと難し過ぎるはずなんだ。受けてきた教育だって違う、宗教だって違う。
そもそも文化って偏りのことなんじゃないか?ある民族が軸にしているものがあるなら、それを軸にしていない別の民族から見れば、バランスを欠いているように見えるはずなんだ。だけど人間はその偏りを誇りにして生きる権利があるってことなんだよね。だってそれが自分の原風景だから。

その4に続く予定。
お株
画像:お株
このページの最上部へ
posted by はなほの at 20:59 | らくがきと文章
2005.04.19

詩60

私も死にたかった
あの日スーツを着て
雨の駐車場に横たわる死体を
救われる気持で
眺めていた
飛び降りる直前
私と彼の距離は
とても近かったのに
このページの最上部へ
posted by はなほの at 22:49 |
2005.04.18

鉛筆デッサン:人物6(ヌード前・後)

人物6(ヌード前)
画像:人物6(ヌード前)

人物6(ヌード後)
画像:人物6(ヌード後)

男性の裸は難しい!体の線が直線的で、立体感が表現しにくいんだよね。上手く描けないとぺらぺらな感じになっちゃうんだもん。でも肩の筋肉や、かかとの辺りのラインなど、女性とは違う美しさがありますね。男と女は、違うからいいんですよねー。

モデルがベッドの上に寝ているのを前後から描いています。横になってるのが、また難しいんだよね。いつも縦に描くのに慣れてるので、横だと勢いよく描けなかったりして。こうやって色んな角度で練習してみると、固定的なイメージがあるのはほんの一部でしかないんだってことが分かる。人間を頭のてっぺんから見たり、足の裏から見たりすると、なかなか見たままの比率では描けない。

それに、横だと紙の大きさに納めるのが難しくて、この絵はあんまり上手く入れられませんでした。余白が大きくできちゃった。いやー、本当に難しいね。普通は全体的なイメージがあるからそうそう狂わないんだけど、横になってる人は、計画的に描き始めたつもりでも何か変わってきちゃう。どんな角度からでも迷いない線で描けるようになるといいんだけどね。
このページの最上部へ
posted by はなほの at 22:39 | 鉛筆デッサン

フリー素材:メニューボタン「うさぎのおっぱい-クリーム-」

はじめにご利用規約をお読みいただき、ご同意いただける方のみお使い下さい。
素材にカーソルを合わせ、右クリックで「名前を付けて画像を保存」を選んで下さい。
macの方は長押しして画像に「名前を付けて保存」を選んで下さい。
絵の具をクリックすると素材の背景色が変わります。

#FFFFFF#99CCCC#CCCC99#66CCCC#999966#FFFFCC#FF3300#3399FF#666600#FFFF33#FF0066#333366#666666#FFCC00#990000#336666#663333#FF9999#990066#66CC33#330000#FF6666#FF99FF#99CC00#000000

色:背景=FFFFCC(クリーム) 線=66CCCC(甘い水色) マーク=FF6666(レンガピンク) 文字=999999(ライトグレー)
フォント:Andale Mono IPA
《大》サイズ:150×150px,文字サイズ:21pt
《小》サイズ:100×100px,文字サイズ:14pt

色について(クリーム共通の文章です)

クリーム色はコンデンスミルクみたいで美味しそうだね。均質でとろっとしてて濃厚なものって、いいよねー。形がなくてスプーンですくって食べるのとか。うちに何にもお菓子がない時にきな粉と蜂蜜を小鉢に入れてこねたものをスプーンで漫然と食べたりしてしまう。あと、子供の頃よくココア(砂糖とミルクが入ってるやつ)にちょっとだけ湯を入れてといた、かなり濃いとろとろのやつを食パンにつけて食べていたなー。あれすっごく楽しみだったな。

チューブのコンデンスミルクを買ってきて、それをちゅるちゅる吸うのが好き。子供の頃ってそうゆうのやりたくてもやらせてもらえなかったりするんだけど、大人になるとできるんだよね。でも子供の頃にやりたかったな…。

デザインについて(うさぎのおっぱい共通の文章です)

裸のうさぎは子供の頃からよく描いてました。この絵はシャワーを浴びてるようなイメージです。このデザインは上半身までが四角の中に納まっているので、同じ色の中には置かない方がいいと思います。(つまりボタンと同じ色の背景や壁紙の中に置くと、絵がうさぎの腰のところで途切れるので変な感じになります。)

うさぎはたくさんいますが、みな美しい体型をしています。女のうさぎだけではなく、男のうさぎもいます。子供のうさぎや老いたうさぎはいません。顔のあるうさぎは興醒めです。
これからもこのブログの色んなところにうさぎは登場すると思うので、よろしくね!!

メニューボタンについて(メニューボタン全体で共通の文章です)

画像の要素が少なめのシンプルなページに、この大きめのメニューボタンを並べたら可愛いかなと思って作りました。
背景や壁紙の色がこのボタンの中で使ってる色と同じだと、しっくり来ていいと思うけど、他にも相性のいい色はいっぱいあると思います。絵の具をクリックすると背景が変わるので、全部の色がある訳じゃないけど、参考になると思うのでいろんな色を試してみてね!
それぞれの色、絵柄は増やしていく予定なので、期待しててね!サイズは大と小の中間のサイズを作ることは考えてるけれど、このタイプのメニューボタンはこれ以上小さいのはデザインや文字が不明瞭になるので、作りません。もっと小さいボタンはまた別に作ります。
統一感のあるメニューボタンの使用の仕方にはいくつかのパターンがあると思うので、よかったら参考にしてみてね。

  • 同じ絵柄で同じ色で統一する
    (背景や壁紙にあう一色だけで統一する。全体のイメージが統一されるので選びやすい。)
  • 同じ絵柄でコンテンツごとに違う色にする
    (視覚的に区別しやすい。今のところ9色あるのでコンテンツが9個以内なら全部別の色を選べる。)
  • 違う絵柄で色を統一する
    (背景や壁紙にあう一色だけで統一する。絵柄の違いでコンテンツを区別する。今のところ4パターン。)
  • 絵柄も色も全部別にする
    (サイズや文字の配置はまったく同じなので、統一感がなくなるということはありません。コンテンツごとの区別は明確になり、かなり賑やかな印象になると思います。)
このページの最上部へ
posted by はなほの at 15:19 | フリー素材
2005.04.17

詩59

いつか、試されるだろう…。
このページの最上部へ
posted by はなほの at 23:24 |