メールは hanahono.office2@gmail.com へお願いします(お使いのメールソフトが開きます)

◆Twitterはhttps://twitter.com/hanahono
新都社で漫画を描いています
・「ひとりぼっちのケリル」(2012/12/14更新・連載中)
・「nikako―ニカコ―」(2014/02/18更新・連載中)
・「ふわ〜り」(2010年夏ホラー漫画企画作品)
◆絵本(新都社文芸)
・「チャリティー・マラソン」(2012/08/31 読切)

2005.10.30

心に残る日常のひとコマ(画像:平井堅は)

「インセスト・タブー-近親相姦禁忌-についてその2」を書こう書こうと思いつつ、その後9月10月といろいろなことがあって(それはこれから順次書いていく予定)、なかなか書けずにいたら、これからの課題として書いていこうとしていたようなことも、ある意味乗り越えてしまったのだった。要は二人の関係についてなんだけど。本当はリアルタイムで思ったことを書いていくのがこの日記の目的のはずなんだけど、何だかついついタイミングを逸してしまう。
どうでもいいようなことがすごく楽しいんだよね。何か「これが真理だ!」みたいなことって気分が変わるとすぐリアリティなくなっちゃって、あんまり日常の救いにならん。

ひと月以上前のことなんだけど、私がある日の昼間に変な夢を見て目が覚めた。その夢の中でまったく意味不明なんだけど、みん太がふざけて「えふえふえふ…」って言ってて、私は何だかそれがすっごい面白くて「あははっ」と笑いながら目が覚めたら、そこにみん太がいて起きて本を読んでいた。で、私はまだ夢の続きみたいな感じで笑ってて、みん太がすごく透明な感じでそこに佇んでいて、穏やかに「ん?」とか言ってるのが、理由はないんだけどおかしくて、すっごい笑っていた。そうしてたらみん太がいきなり「何でもないようなことが〜しあわせだったとおも〜う〜」とか歌い始めて、それがすっごい普通に淡々と歌ってるからめちゃくちゃ面白くて爆笑してたんだけど、次の瞬間死ぬほど切なくなって大泣きしてしまった。このニュアンス伝わるだろうか…。

これからちょっとずつ過去を振り返りながら日記を書かずに空白になってしまった時間を整理していこうと思う。今日の画像は昨日みん太と喋っている時に、心に突き刺さるように感じたみん太のひと言をひとコマ漫画にしてみた。
平井堅は
画像:平井堅は
このページの最上部へ
posted by はなほの at 21:29 | らくがきと文章
2005.10.26

詩111

―じじいに捧ぐ―

人との別れを悲しめないのは
自分を大事にできてないから

今、私は悲しいよ
すごく悲しいよ

夢の中で仲よくできたね
ありがとう
このページの最上部へ
タグ:
posted by はなほの at 17:45 |
2005.10.16

詩110

「すごいものが、ある。」

「うん。そうだね。
すごいものがあるんだよこの世には。」
このページの最上部へ
タグ:
posted by はなほの at 19:57 |
2005.10.09

web絵本:子犬と私

子犬と私
画像をクリックしてお入り下さい!


web絵本のカテゴリを作りました。やっと発表できるのが嬉しい!!これを作ったのはもう2年くらい前で、これをどうやってブログで発表するかという問題をついつい先延ばしにしているうちに時間が経ってしまいました。

子供の頃によく、一枚の紙の真ん中に切れ目を入れて本の形にするやつ(みんな知ってるのかな?)を作って短い本を書いていました。あれってすごくいい発明だよね。誰が考えたんだろう?紙の片面しか使わないから、広告とかカレンダーの裏なんかでできるし、表紙と裏表紙を含めて8面できるんだけど、白い面はフルに使えて、印刷のある面は全部裏に入っちゃうから本当に無駄がない。完璧な作り。(知らない人は何言ってるかわからないかな?)

あれを作って書いては人に見せていたな。と言っても、家族とか本当に仲のいい友達にしか見せられないんだけど。だって素で書いてるのって恥ずかしいから…。内と外を常に使い分ける人生であった……。
結局人に認めてもらうためのものより、そういう個人的なものや内輪でしか通用しないようなものが一番面白いんだよね。

それで大学生の時(何故か就活やってる時とか)に、みん太に見せるためだけに二人だけしか登場しない絵本をよく書いていた。どうしても私の書くものってすごく閉じた世界になっちゃうのよね。
その頃のやつも一応取っておいてあるから、機会があればここに載せたいと思う。しかしすっごく汚い。その辺の汚い紙に適当に書いて、みん太に見せて、またその辺に落っこちてる…という感じなので。そういう適当なものを取っておくのは非常に面倒で気が進まないんだけど、結局何かちゃんと作ろうとしても、適当に落書きして捨てちゃうものより面白くはできないんだよねー。それが困ったところだ。

しかし、今載せてる「子犬と私」は初めからwebで公開するつもりで書いてるものです。布団の中で思いついて、忘れないうちにメモっとくかと思って、PCで文章だけ書いて後で絵を描きました。
これから先も随分前にメモだけしてうっちゃってる絵本があるので、仕上げて載せていこうと思います。乞うご期待!!

2005.11.22(20:37)
【追記】
携帯用ページはこちら!
「子犬と私」全10ページ

見たいカテゴリの記事一覧へ
posted by はなほの at 14:46 | web絵本
2005.10.06

詩109

みんな自分の戦いをしてる
孤独を胸に生きている

人は開いていける
いつか必ず開いていける

どんな人生だろうと
それが自分の人生だ

損してると感じていても
ずるいと思われていても

死ぬまでには必ず開いて
そして整理される
このページの最上部へ
タグ:
posted by はなほの at 21:39 |
2005.10.05

詩108

そういえば冬は
お布団の中だけが暖かくって
こんな風にしてたんだった
懐かしいね
このページの最上部へ
タグ:
posted by はなほの at 12:59 |