メールは hanahono.office2@gmail.com へお願いします(お使いのメールソフトが開きます)

◆Twitterはhttps://twitter.com/hanahono
新都社で漫画を描いています
・「ひとりぼっちのケリル」(2012/12/14更新・連載中)
・「nikako―ニカコ―」(2014/02/18更新・連載中)
・「ふわ〜り」(2010年夏ホラー漫画企画作品)
◆絵本(新都社文芸)
・「チャリティー・マラソン」(2012/08/31 読切)

2005.11.29

フリー素材:危険(道路標識)

はじめにご利用規約をお読みいただき、ご同意いただける方のみお使い下さい。 素材にカーソルを合わせ、右クリックで「名前を付けて画像を保存」を選んで下さい。 macの方は長押しして画像に「名前を付けて保存」を選んで下さい。 絵の具をクリックすると素材の背景色が変わります。

#FFFFFF#99CCCC#CCCC99#66CCCC#999966#FFFFCC#FF3300#3399FF#666600#FFFF33#FF0066#333366#666666#FFCC00#990000#336666#663333#FF9999#990066#66CC33#330000#FF6666#FF99FF#99CC00#000000
危険(大)危険(小)

色:背景=FFCC00(オレンジ) 絵=000000(黒) 《大》サイズ:150×150px 《小》サイズ:100×100px

危険の道路標識です。お知らせや注意や禁止事項や利用規約など、注意を引きたいところに使ってください。「!」マークが私のキャラクターの「ゆめ」になっています。 ※「あい」と「ゆめ」とは「?」と「!」から生まれたはなほのオリジナルキャラクターです。カテゴリ「CGイラスト」の「あいとゆめ」、「障子」、「虫取り網」、「ソフト」に登場してるので、そちらもぜひ見てみてください!
あいとゆめ障子虫取り網ソフト
posted by はなほの at 19:33 | フリー素材
2005.11.27

詩115

7年前のあの時
もし地面に落ちていた
ぼろぼろの私を
拾っていなければ

今頃あなたは
カッコいい車に
カッコいい奥さんと
カッコいい子供たちを乗せて
カッコいい道路を
カッコよくドライブしていた

そして
カッコいいレストランに
カッコよく車を止めると
カッコよく家族を連れて
カッコよくお店に入り
カッコよく席に着くと
カッコいいメニューを見て
カッコいい店員に
カッコよく注文する

やがて
カッコいい食事が終わると
カッコよく会計を済ませ
カッコいい車に再び乗り
カッコよく運転して
カッコいい家に着くと
カッコいい車庫に
カッコよく車を入れる

それから
カッコいいお風呂に入り
カッコよくくつろいだ後は
カッコいい家族と一緒に
カッコいいリビングで
カッコいいソファに座って
カッコいいテレビを見ながら
カッコよく笑う

そのうち
カッコいい子供たちが
カッコいい子供部屋に上ったので
カッコいい奥さんと二人で
カッコいいテラスで
カッコいい星を見ながら
カッコいいワインを飲む

その後は
カッコいい寝室に向かい
カッコいいベッドの上で
カッコいい奥さんと
カッコよくキスして
カッコいいセックスを始める

次の朝
カッコいい奥さんに
カッコよく起こされると
カッコよく目覚めて
カッコよく顔を洗い
カッコいいスーツに身を包むと
カッコいい朝食を食べ
カッコよく家を出て
カッコいい会社に向かい
カッコいいビルへ着くと
カッコいい社員と挨拶を交わしながら
カッコいいエレベーターに乗って
カッコいいオフィスへ入っていく

そのまま
カッコいいデスクに着き
カッコいいパソコンをつけると
カッコいいメールがたくさん来ているので
カッコいい女性社員が入れた
カッコいいお茶を飲みながら
カッコよく仕事を始める

仕事が終わると
カッコいい女性社員と二人で
カッコいい行きつけのバーに行き
カッコいい話をしながら
カッコいいお酒を飲み
カッコよく酔うと
カッコよくバーを出て
カッコいいホテルに向かう

家に帰ると
カッコいい奥さんに
カッコよく出迎えられて
カッコいいスーツを脱ぐと
カッコいい一日が終わる


見たいカテゴリの記事一覧へ
タグ:
posted by はなほの at 02:02 |
2005.11.25

タイトルとメニューを手書きフォントに変えた(画像:こたつのある暮らし)

上のタイトルと左右のメニューの画像を手書きの文字に変えてみました。前から自分の手書きフォントを作ってみようと思っていたんだけど、ついに実現できて嬉しい!何しろいつも思いつきを実行するのが困難だからであった…。昔の記事のタイトルに「アニメを作ろうと思う」とかいうのがあったりするけど、実はいまだにアニメには一切手をつけていないのだった。そういうのが怖いのであんまり過去の記事を読む気にならないのかもしれん。

それでフォントの話だけど、これは普通に書いたものをそのまま載せてるのではなく、スキャナで読み込んだものをイラストソフトでなぞっているので、大変に手間が掛かったのであった。とは言っても、私はこういう作業は頭を使わないでいいので全然苦にならないんだけどね。単に時間が掛かっただけ。
そうやって今は取り込んだ線をひとつひとつイラストソフトの画面上でちくちくとなぞっている訳なんだけど、ペンタブレットという便利なものがあって(一度も使ったことないからよくわからないんだけど)、手もとで書いた線がそのまま画面上でデータになるらしいんだよね。ほしい〜!!前々からみん太に「買いなさい!!」と言われてるんだけど、自分にとって新しいものにはなかなか手が出なくてねー。でもこれはやっぱり買わなきゃならないな。

ペンタブレットを買ってからかもしれないけど、手書きフォントを作ってみようと思う。(はっ!また普通に「…してみようと思う」と言っちゃったけどできるのだろうか…。)ひらがな、カタカナ、アルファベットの大文字、小文字、数字、あと記号など。そうしたら配布する予定。
結局時間はかかるけど地道になぞってく方法でできちゃうからこれからやろうかな…。手書きの適当に書いた字を絵みたいにきちんとなぞるのって結構楽しいんだよね。手間を減らして生産量を増やそうって気がないのがすごい大陸的なんだよな…と言ってよくみん太に呆れられているのだった。

それとお知らせなんだけど、サイトマップ全体を今までひとつの記事として載せてたのを、カテゴリごとに別の記事にしました。携帯で見る場合、全部が表示されるとかなり長くて大問題だということがわかったのでこのように分けたんだけど、PCで見ても前より整理されて見やすくなったと思います。携帯で見て何か不便だとかもっとこうした方がいいとか(またはお褒めの言葉も!)、あったらぜひ教えてください!できるだけわかりやすく改善していくつもりなので、いつも遊びに来てね!!
こたつのある暮らし
画像:こたつのある暮らし


見たいカテゴリの記事一覧へ
posted by はなほの at 15:11 | らくがきと文章
2005.11.23

詩114

小さな家族
二人はくっついたまま
かわいいこどもの声で歌い
おいしいものを探し求め
急に眠くなって寝る

見たいカテゴリの記事一覧へ
タグ:
posted by はなほの at 20:07 |
2005.11.22

web絵本「子犬と私」の携帯用ページを作りました!!

今まで携帯の人がweb絵本にアクセス出来なかったらしいということに気づき、急遽携帯の方用の「子犬と私」を作りました。見ようとしてくれたのに見れなかった方、今までごめんなさい!普通の記事はseesaaブログが携帯ページを自動生成してくれるから見れてたらしく、絵本のように勝手に別ファイルとしてアップしたものまで面倒見てくれないということみたい。自分たちが携帯持ってないからよくわかってなかった…。携帯の人にも見やすいようにこれからブログ全体も工夫していきます。
とりあえず出来るだけお手持ちの携帯に合わせて見られるよう、jpgとgif2種類の画像形式(i-modeのいくつかの機種はjpgが見られないとのことなので)で2サイズずつ作りました。私は手元で確かめることが出来ないから、ちゃんと見れてるかどうか教えてくれないでしょうか?

「子犬と私」全10ページ

見たいカテゴリの記事一覧へ
posted by はなほの at 10:48 | web絵本

フリー素材:工事中(道路標識)

はじめにご利用規約をお読みいただき、ご同意いただける方のみお使い下さい。 素材にカーソルを合わせ、右クリックで「名前を付けて画像を保存」を選んで下さい。 macの方は長押しして画像に「名前を付けて保存」を選んで下さい。 絵の具をクリックすると素材の背景色が変わります。

#FFFFFF#99CCCC#CCCC99#66CCCC#999966#FFFFCC#FF3300#3399FF#666600#FFFF33#FF0066#333366#666666#FFCC00#990000#336666#663333#FF9999#990066#66CC33#330000#FF6666#FF99FF#99CC00#000000
工事中(大)工事中(小)

色:背景=FFCC00(オレンジ) 絵=000000(黒) 《大》サイズ:150×150px 《小》サイズ:100×100px

工事中の道路標識なので、準備中のページに単体でぽんっと置いて気軽に使ってください。うさぎが工事してます。 うさぎのメニューボタン(色は9種類あります)もあるので、そちらもぜひ一緒に使ってください!
うさぎのおっぱい-甘い水色- うさぎのおっぱい-緑っぽいベージュ- うさぎのおっぱい-グレー- うさぎのおっぱい-モスグリーン- うさぎのおっぱい-白- うさぎのおっぱい-くすんだ水色- うさぎのおっぱい-クリーム- うさぎのおっぱい-葉っぱの緑- うさぎのおっぱい-藍色-

見たいカテゴリの記事一覧へ
posted by はなほの at 06:03 | フリー素材
2005.11.19

詩113

今はただ
異常さに心躍る
日常よ跪け…

見たいカテゴリの記事一覧へ
タグ:
posted by はなほの at 16:59 |
2005.11.13

詩112

壁に激突しながら歩く
心の中はいつも願いで
いっぱいだった

「遊びたい…
遊んでいたい…
神様!!」
このページの最上部へ
タグ:
posted by はなほの at 12:54 |
2005.11.03

アクリル画:芸術の樹

画像:芸術の樹(2003.7 アクリル、木製パネル 162×162cm) 絵をクリックすると大きい画像のアクリル画ギャラリーに入ります。
画像:芸術の樹(2003.7 アクリル、木製パネル 162×162cm)
絵をクリックすると大きい画像のアクリル画ギャラリーに入ります。

この絵は載せるべきかどうかかなり迷っていたんだけど、載せることにした。何故迷っていたかというと、もっと丸をたくさん描いて埋め尽くすつもりだからだった。でもいつ続きをやる気になるかわからないので、これでいいのかもしれない…。

それで、この丸のひとつひとつは人間を表しているつもり。命、存在、光というか。やっぱり大きい光もあれば小さい光もあると思う。それで、大きい丸のまわりに小さい丸がいっぱいくっついているという構造なのです。丸の繋がりは無限に増殖して全体を隙間なく埋め尽くしていくイメージです。
「芸術の樹」というタイトルにしたのは、大きな光を同時代の人々や後世に放って消えていった人たちに対する敬意のつもりだった。(何か恥ずかしいけど…。あんまり人を尊敬できてないし。アホだから。)
樹は脈々と続いていく人間の流れを表しています。太い流れ、枝分かれしていく流れ。ぐっと昇っていくエネルギーのようなものを描こうと思った。

これを描いてる最中、みん太が「これはグレートウォールだね」とか「ボイド」とか言っていたので「?」となった。私はそういうの知らなかったんだけど(これを書くにあたりちょっと勉強した)、これが宇宙の構造に似ているのではという話で、この絵で例えると丸が銀河系がいくつも集まった銀河団で(いきなり壮大な話になった!)、さらに丸の集合が銀河団の集団で、それが超巨大な一枚の壁のような構造になっているのがグレートウォール。そのグレートウォールが宇宙には何枚もあり、それをコスミックフェンスと呼ぶらしいということがわかった。ボイドというのは銀河がまったく存在しない空洞のことで(つまり丸のない部分)、グレートウォールという巨大な銀河のスポンジの中に穴が無数に空いていてるようなものらしい。だから銀河は泡(ボイド)の膜みたいな感じで連なっている構造。こんな説明でいいのかな?
とにかく(かなりいい加減だけど)宇宙の構造と似ているなら大満足なのだった。詳しい人、「わかってねえな!」と怒らずに教えて!!

いつかちゃんと続きを描いて丸で埋め尽くしたら、こっそり画像を差し替えておくかも。それにしても、この段階まで描いたのが2003年の7月だからもう2年以上前だった。これサイズが162×162cmもあって、自分の身長(158cm)より高いものだから、楽しかったんだけど丸を描いても描いてもなかなか画面が埋まらなかった。パネルって多分、この上に紙を貼って使うものなんだと思うんだけど、私は下地を絵の具で塗ってその上から直接描いてしまった。

ところで、重大発表です。随分前に予告していたけど、ついにアクリル画の大きい画像のギャラリーを作りました!!ばんざーい!!このブログのメインであるアクリル画のギャラリーが完成して、とってもとっても感激しているのでした。みん太が何日もかけて、「今日もアップできなかった…」「ああ、何でこんなに時間がかかるんだ!」とへこみつつも、ついに本日公開の運びとなりました。(私が言うことがころころ変わるものだから、みん太には本当に苦労を掛けた…。)
記事の方で普通のモニタで見られるサイズで載せているので、ギャラリーの方はかなり大きい画像を載せています。ほとんど全体が一画面に収まらないかもしれないけど、細かいところなどを間近で観るような感じでお楽しみください。このブログで絵を大きい画像で公開するのは初めてなので、今まで載せた絵もゆっくり観てもらえると思います。ぜひ遊びに来てね!!
音楽へ雨へ波へ空間へ樹木へ森へ水へ花へ木洩れ日へ芸術の樹へ

このページの最上部へ
posted by はなほの at 06:14 | アクリル画