メールは hanahono.office2@gmail.com へお願いします(お使いのメールソフトが開きます)

◆Twitterはhttps://twitter.com/hanahono
新都社で漫画を描いています
・「ひとりぼっちのケリル」(2012/12/14更新・連載中)
・「nikako―ニカコ―」(2014/02/18更新・連載中)
・「ふわ〜り」(2010年夏ホラー漫画企画作品)
◆絵本(新都社文芸)
・「チャリティー・マラソン」(2012/08/31 読切)

2012.03.19

猫と十字架

猫と十字架

この絵のイメージができてから頭の中で猫とロザリオと呼んでいたんだけど、ロザリオの綴りを調べようとして何となく説明を見たら、数珠のような玉を紐で通してあるものに十字架がついているのをロザリオというのだと知って、猫と十字架にしました。
去年久しぶりに飛行機に乗った時に、よくこんなものが奇跡的に空を飛ぶものだと、手に汗握りっぱなしで生きた心地もしなかったので、もし何か起きてしまったらロザリオを握り締めていられればいいだろうにとふと思ったのです。形あるもので自分の敬虔さを確認できることが羨ましいなあと。自分にとってのロザリオは、自分がこの世で確かに何かを、誰かを愛したという記憶だけなのかもしれないと思いました。

それにしても飛行機はおもしろい。怖いけどおもしろいです。ある程度高くなると地上がもうすっかり地図になってしまうことや(海岸線の形なんか特に)、雲を上から見下ろしているにつけ割り箸を突っ込んで掻き回せば見事に絡め取れそうな感じがすること、それから上から見渡せる雲があまりに多すぎて、地上からだと本当に狭い範囲しか見えていないことがわかったりと、何だか世界のサイズが再認識できて、地上に置いてきたいろんな問題がすごく小さなことに感じられます。そもそも、長距離をあっという間に移動できるということがつくづく不思議でたまりません。
posted by はなほの at 01:11 | らくがきと文章