メールは hanahono.office2@gmail.com へお願いします(お使いのメールソフトが開きます)

◆Twitterはhttps://twitter.com/hanahono
新都社で漫画を描いています
・「ひとりぼっちのケリル」(2012/12/14更新・連載中)
・「nikako―ニカコ―」(2014/02/18更新・連載中)
・「ふわ〜り」(2010年夏ホラー漫画企画作品)
◆絵本(新都社文芸)
・「チャリティー・マラソン」(2012/08/31 読切)

2012.11.24

おしり猫

おしり猫

去年の夏に描いた絵です。うつ伏せに寝ながら何かしてると、当然のようにおしりに収まるオスの猫。
posted by はなほの at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | らくがきと文章
2012.11.11

起きた時の感じ

起きた時の感じ

この絵は、大好きなオードリーのオールナイトニッポンを聴いてて、ふと、(ラジオの内容と全然関係ない上に、浮かんだのはCM中だったかもしれませんが、やっぱりラジオの影響があったような気もします)ぱっと浮かんですごく描きたくなって描きました。
実は景色があまり思ったとおりに描けなくて、ちょっと違ってしまったのですが、本当は、ヒマラヤの麓の花の谷のイメージで、すごく空気が澄んでいて、空が怖いくらい青くて色とりどりの鮮やかな花に囲まれているつもりだったのでした。
描いた後で、谷底で両側に尖った山脈がある構図にするべきだったかもと思い始めました。色もつけないと、すごく鮮やかな視界を表現できないからだめだったかもしれないです。
描きたかったのは、夢からさめて起きた時、自分というものを再構築するまでの短いあいだの感じでした。自分が、というより、人間というものはみんな澄みきった青空とお花畑の谷みたいな景色を共有しているんじゃないか、と、うまく言えないのですが、具体的な場所というより、なんか、静かで光が鮮やかで少し冷たい風が吹いているような、天国みたいな場所を、生命とか魂のどこかで知っていて、それは皆ほとんど同じ場所なんじゃないか、という「感じ」がしたのです。

年明けに、今年は下手でもいいから絵をたくさん描こうと思います、と自分で描いたのにほとんど描かないままもう11月も半ばになってしまいました。このままだと嘘になってしまうと心の隅で気にし続けながら過ごしておりました。情けない…
人に何かを見せるということは、見ている人たちの代わりにやるっていうことなんじゃないかと思います。人は誰しも頭の中ではいろんなイメージを持っているから、それを実際にやってみせるということに夢があるんじゃないかと。すごく上手な楽器の演奏を聞いている時に、そんな風に思いました。
ある時、「私の手から、魔法のように絵が生まれたことがまだない」と気づいてから、時々すごく焦りを感じます。

新都社で連載している「ひとりぼっちのケリル」という漫画をほぼ一年ぶりに更新しました。読んでいただけたらすごく嬉しいです。今後は月に一度は更新すると言ってしまったので、もう後がなくなりました。この約束だけは破らないようにがんばります。

それから、お知らせ遅くなってしまいましたが、2012/08/31に「チャリティー・マラソン」という絵本を新都社の文芸に投稿させていただきました。こちらも読んでいただけましたら大変嬉しいです。
posted by はなほの at 05:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | らくがきと文章
2012.11.08

詩264

本来
人間は
愛するもののためにのみ
責任が果たせるのだと思う
posted by はなほの at 18:44 | Comment(2) | TrackBack(0) |