メールは hanahono.office2@gmail.com へお願いします(お使いのメールソフトが開きます)

◆Twitterはhttps://twitter.com/hanahono
新都社で漫画を描いています
・「ひとりぼっちのケリル」(2012/12/14更新・連載中)
・「nikako―ニカコ―」(2014/02/18更新・連載中)
・「ふわ〜り」(2010年夏ホラー漫画企画作品)
◆絵本(新都社文芸)
・「チャリティー・マラソン」(2012/08/31 読切)

2013.10.23

心の草原

心の草原
(画像クリックで拡大します。大きいサイズで見ていただけたら嬉しいです。)

東南アジア旅行でラオスにいる時に書いた詩があって、そのイメージを絵にしました。

あなたの心のなかの草原には
星が光っているの
いつかすべての星のことを
わかりたい
私はあなたの世界に触れるために
歩いて行きたい
そしてあなたと一緒に
いろんな世界を歩きたい
私は確かにあなたを選んだの
posted by はなほの at 22:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | らくがきと文章
2013.10.20

無意識

無意識

喋りながら鉛筆で無意識に描いたらくがき。なんかこういう時、手をよく描いている気がする。
posted by はなほの at 20:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | らくがきと文章
2013.10.19

道

表現という道は果てしない
暗闇にたくさんの星が光っている
私もここにいられるだろうか
と思って描きました。
posted by はなほの at 18:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | らくがきと文章
2013.10.14

sing

sing

最近、歌をうたう時には空を飛ぶイメージが必要なんじゃないかとふと気づきました。
この絵はその感じを表してみたくなって描きました。

歌い方について考えたきっかけは、吉田美奈子さんのBEAUTYを聴いて、真似して歌ってみてからもう一回聴いたら、さっきまで全体として大雑把に受け取ってしまっていたものが、なんて緻密な表現なんだろうと思って驚いたことです。
【吉田美奈子 - BEAUTY】
http://www.youtube.com/watch?v=3UvNI_nAKt4

昔から、好きな曲を聴きながら一緒に歌ったり、聴いたすぐ後に歌うと、リズムや抑揚が体の中に残っていてすごく気持よく歌えるのに、何回も歌っているうちに今ひとつ自由に歌えなくなってくる感じがあって、何を意識したらいいのかなあと考えていました。洋楽は特に、聴きながら真似して歌う時は英語の発音もよくなって楽しいですが、やっぱり繰り返すうちにだんだんとぼやけてしまいます。

それは多分、次の音の上下や歌詞を意識するのに手一杯になっているせいだと思いました。
空間的に表現すれば、今に集中しているつもりで、実は目の前に現れる風景を二次元のように捉えている状態なんだと思います。

そこで、もうひとりの自分が空を飛んで、上空から自分の歩いていく道を見下ろしているイメージを持つと、うまく歌えるんじゃないかと思ったのです。
今という一点を位置づける時に、世界全体が視野に入っている感じです。

吉田美奈子さんの声を聴いていてそう思いました。
自由で軽やかで、空を飛んでいるようだと感じたからです。

その空を飛ぶ、という感覚を持つのがなかなか難しいのです。
空に飛び上がる(意識の上で)にはすごく集中力が必要ですし、イメージが途切れると失速して地面に落ちてしまいます。

特に高い音を出す時は、高い場所を飛び続けるパワーが必要なんだと思いました。
歌をうたう人はやっぱり全然違うと思いました。体の使い方が本当に訓練されてできあがっているんだろうと思います。

音の話を必ずしもビジュアルに置き換える必要はないかもしれませんが、自分はものの位置づけをやたらと視界に頼ってしまっていると常々思います…。
せっかくなので、いろんなことを絵でうまく表していければいいなあと思います。
posted by はなほの at 13:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | らくがきと文章