メールは hanahono.office2@gmail.com へお願いします(お使いのメールソフトが開きます)

◆Twitterはhttps://twitter.com/hanahono
新都社で漫画を描いています
・「ひとりぼっちのケリル」(2012/12/14更新・連載中)
・「nikako―ニカコ―」(2014/02/18更新・連載中)
・「ふわ〜り」(2010年夏ホラー漫画企画作品)
◆絵本(新都社文芸)
・「チャリティー・マラソン」(2012/08/31 読切)

2005.11.03

アクリル画:芸術の樹

画像:芸術の樹(2003.7 アクリル、木製パネル 162×162cm) 絵をクリックすると大きい画像のアクリル画ギャラリーに入ります。
画像:芸術の樹(2003.7 アクリル、木製パネル 162×162cm)
絵をクリックすると大きい画像のアクリル画ギャラリーに入ります。

この絵は載せるべきかどうかかなり迷っていたんだけど、載せることにした。何故迷っていたかというと、もっと丸をたくさん描いて埋め尽くすつもりだからだった。でもいつ続きをやる気になるかわからないので、これでいいのかもしれない…。

それで、この丸のひとつひとつは人間を表しているつもり。命、存在、光というか。やっぱり大きい光もあれば小さい光もあると思う。それで、大きい丸のまわりに小さい丸がいっぱいくっついているという構造なのです。丸の繋がりは無限に増殖して全体を隙間なく埋め尽くしていくイメージです。
「芸術の樹」というタイトルにしたのは、大きな光を同時代の人々や後世に放って消えていった人たちに対する敬意のつもりだった。(何か恥ずかしいけど…。あんまり人を尊敬できてないし。アホだから。)
樹は脈々と続いていく人間の流れを表しています。太い流れ、枝分かれしていく流れ。ぐっと昇っていくエネルギーのようなものを描こうと思った。

これを描いてる最中、みん太が「これはグレートウォールだね」とか「ボイド」とか言っていたので「?」となった。私はそういうの知らなかったんだけど(これを書くにあたりちょっと勉強した)、これが宇宙の構造に似ているのではという話で、この絵で例えると丸が銀河系がいくつも集まった銀河団で(いきなり壮大な話になった!)、さらに丸の集合が銀河団の集団で、それが超巨大な一枚の壁のような構造になっているのがグレートウォール。そのグレートウォールが宇宙には何枚もあり、それをコスミックフェンスと呼ぶらしいということがわかった。ボイドというのは銀河がまったく存在しない空洞のことで(つまり丸のない部分)、グレートウォールという巨大な銀河のスポンジの中に穴が無数に空いていてるようなものらしい。だから銀河は泡(ボイド)の膜みたいな感じで連なっている構造。こんな説明でいいのかな?
とにかく(かなりいい加減だけど)宇宙の構造と似ているなら大満足なのだった。詳しい人、「わかってねえな!」と怒らずに教えて!!

いつかちゃんと続きを描いて丸で埋め尽くしたら、こっそり画像を差し替えておくかも。それにしても、この段階まで描いたのが2003年の7月だからもう2年以上前だった。これサイズが162×162cmもあって、自分の身長(158cm)より高いものだから、楽しかったんだけど丸を描いても描いてもなかなか画面が埋まらなかった。パネルって多分、この上に紙を貼って使うものなんだと思うんだけど、私は下地を絵の具で塗ってその上から直接描いてしまった。

ところで、重大発表です。随分前に予告していたけど、ついにアクリル画の大きい画像のギャラリーを作りました!!ばんざーい!!このブログのメインであるアクリル画のギャラリーが完成して、とってもとっても感激しているのでした。みん太が何日もかけて、「今日もアップできなかった…」「ああ、何でこんなに時間がかかるんだ!」とへこみつつも、ついに本日公開の運びとなりました。(私が言うことがころころ変わるものだから、みん太には本当に苦労を掛けた…。)
記事の方で普通のモニタで見られるサイズで載せているので、ギャラリーの方はかなり大きい画像を載せています。ほとんど全体が一画面に収まらないかもしれないけど、細かいところなどを間近で観るような感じでお楽しみください。このブログで絵を大きい画像で公開するのは初めてなので、今まで載せた絵もゆっくり観てもらえると思います。ぜひ遊びに来てね!!
音楽へ雨へ波へ空間へ樹木へ森へ水へ花へ木洩れ日へ芸術の樹へ

このページの最上部へ
posted by はなほの at 06:14 | アクリル画