メールは hanahono.office2@gmail.com へお願いします(お使いのメールソフトが開きます)

◆Twitterはhttps://twitter.com/hanahono
新都社で漫画を描いています
・「ひとりぼっちのケリル」(2012/12/14更新・連載中)
・「nikako―ニカコ―」(2014/02/18更新・連載中)
・「ふわ〜り」(2010年夏ホラー漫画企画作品)
◆絵本(新都社文芸)
・「チャリティー・マラソン」(2012/08/31 読切)

2005.02.06

詩33

男の子は男の子が憧れる
男の生き方をする歓び
女の子は女の子が憧れる
女の生き方をする歓び
このページの最上部へ
posted by はなほの at 15:04 |
2005.02.04

詩32

100点の絵を描こう
誰かの思いを解き放つために
このページの最上部へ
posted by はなほの at 15:39 |
2005.02.03

詩31

才能を惜しみなく出し尽くす
世界はそれを吸収し尽くす
天才は大変だと思うよ
このページの最上部へ
posted by はなほの at 14:19 |
2005.02.02

詩30

私たちはこんな狭い所で
お互いの星に祈っている
このページの最上部へ
posted by はなほの at 12:37 |
2005.01.30

詩29

子供が夢見る力を利用して騙してる
素敵なイメージをいつも
手の届かない場所に並べてさ
このページの最上部へ
posted by はなほの at 10:29 |
2005.01.29

詩28

好きな人のお肌に触って暮らしたい
このページの最上部へ
posted by はなほの at 17:09 |
2005.01.26

詩27

「おっぱい見えてるよ。」

(もう1回)「おっぱい見えてるよ。」

「おっぱい見えたらダメだ。」

ギターを弾きながらそう言ったよ。

そんな君を見ながら私は
自分の死体の上に流れる音楽を想像している。
このページの最上部へ
posted by はなほの at 04:43 |
2005.01.25

詩26

数は力である

私たちは
「大半の人がそう考える」
という事実に
いつも脅かされてきた
このページの最上部へ
posted by はなほの at 07:56 |
2005.01.24

詩25

目の前にある光に満ちた景色の
色の成分を分解している

そこに未知の法則を発見する度
自然に感謝している

光のある世界は
歓喜に満ちている

この感動を再現して誰かに伝えるんだ
それが私の唯一の仕事だから
このページの最上部へ
posted by はなほの at 12:12 |
2005.01.23

詩24

兄はいつでも妹をかばったが
妹はいつも兄を孤独にした
親のいない私たち
喪失感はあなただけのもの

妹にはわからなかった
男に生まれることも
先に生まれることも
たったひとりで大人になることも
このページの最上部へ
posted by はなほの at 12:36 |