メールは hanahono.office2@gmail.com へお願いします(お使いのメールソフトが開きます)

◆Twitterはhttps://twitter.com/hanahono
新都社で漫画を描いています
・「ひとりぼっちのケリル」(2012/12/14更新・連載中)
・「nikako―ニカコ―」(2014/02/18更新・連載中)
・「ふわ〜り」(2010年夏ホラー漫画企画作品)
◆絵本(新都社文芸)
・「チャリティー・マラソン」(2012/08/31 読切)

2005.01.07

詩13

足の先から神様に撫でられていく
このページの最上部へ
posted by はなほの at 13:34 |
2005.01.06

詩12

外で雨の落ちる音が聞こえる
部屋の中には音楽が満ちる
このページの最上部へ
posted by はなほの at 18:12 |
2005.01.05

詩11

次は何を飲もうか
あのおいしいお菓子食べてみようか

ということが永久に続くのがよい
このページの最上部へ
posted by はなほの at 08:30 |
2005.01.04

詩10

あなたは確かに
きのこの幼菌に似ている
このページの最上部へ
posted by はなほの at 12:08 |
2005.01.03

詩9

私は稚拙だ
いつまで経っても人の気持がわからず
ただ傷つけるのが怖い

私は子供だ
誰かの言葉にいつもしがみつき
憧れて近づきたいと願っている
このページの最上部へ
posted by はなほの at 10:34 |

詩8

絆がないことは死だった
このページの最上部へ
posted by はなほの at 07:47 |
2005.01.02

詩7

化学変化はおもしろいので
いつも見て遊んだ
このページの最上部へ
posted by はなほの at 05:19 |
2004.12.31

詩6

いつもちょっと違うものが
閃くのはなぜか
偽物はおもしろいね
このページの最上部へ
posted by はなほの at 02:47 |
2004.12.30

詩5

毎日ただ心を砕いているうち
抜けられなくなっていったんだ

呼ばれて振り向いたり
時計を見たりしているだけで

固く固く縛りつけられていったことに
気がつかずにいたんだ

自分と向かい合うはずの時間を
考えることに奪われていった

空の色が移ろう様を
一秒でも長く見たいと願いながら
このページの最上部へ
posted by はなほの at 02:04 |
2004.12.29

詩4

とても広く感じた部屋が
過ぎ去った後では
小さな点で示されてしまう

この感覚が失われる前に
言葉を並べるのは
パズルみたいで面白い

実感にないこと言う奴
もう黙っててくれ
今はこの遊びに夢中なんだ
このページの最上部へ
posted by はなほの at 07:32 |