メールは hanahono.office2@gmail.com へお願いします(お使いのメールソフトが開きます)

◆Twitterはhttps://twitter.com/hanahono
新都社で漫画を描いています
・「ひとりぼっちのケリル」(2012/12/14更新・連載中)
・「nikako―ニカコ―」(2014/02/18更新・連載中)
・「ふわ〜り」(2010年夏ホラー漫画企画作品)
◆絵本(新都社文芸)
・「チャリティー・マラソン」(2012/08/31 読切)

2010.03.29

詩242

ずっと奥まで覗きこんでも
どこまでもどこまでも澄んでいる湖
水の中には何も見えない ただ温かい
私は何度もここへ来ている
いつかこの湖になりたい
posted by はなほの at 18:41 |
2010.03.28

詩241

言い過ぎた言葉

見落としてしまった優しさ

真夜中に走る
どこまでもどこまでも
posted by はなほの at 04:15 |
2010.03.23

詩240

大勘違い人間
そいつが狂ってることで
支えてるものがあるはずだ
そいつがもし死んだら
それは戦死だ
posted by はなほの at 17:02 |
2009.12.15

詩239

今聴いてるこの曲を
何十年か後に聴いたら
どうせ心がおかしくなりそうになるんだ
あーやだな切なくなることがわかっているなんて
猫のせいだくそこいつらめばかやろう
タグ:
posted by はなほの at 05:00 |
2009.10.13

詩238

続いておくれ癒しの雨よ
私がこうして仕事に向かい合わなければならない間

静めておくれ私の心を
終わらない音楽のように
タグ:
posted by はなほの at 23:38 |
2009.09.20

詩237

お前、蟻さん
うちの中に入ってしまったけど
無事にお外に戻るんだよ

蟻さん、お前は
どこに居れば安全なの?
タグ:
posted by はなほの at 01:28 |
2009.09.18

詩236

目的もなく走っている自分を
いつもいつもイメージしていた

空っぽの体の真ん中で
世界がゆったりと渦を巻いて

私は今誰でもなく
記憶をすべて失って

世界がもっと速くもっと速く
流れていくのが見たいだけ
タグ:
posted by はなほの at 21:12 |

詩235

私はあなたの服にとまった虫
あなたが虫の気持ちがわかるから
安心してとまっているの
タグ:
posted by はなほの at 03:03 |
2009.09.17

詩234

君を遠くに連れて行こうか

先に結論を出す人々の言葉が
なにか心を曇らせた
先のことはわかっていても
黙っていてほしいから

暗闇の中に四角い窓があいて
真っ青な空に分厚い雲がぽつんぽつんと浮かぶのは
一番好きな私の風景
音のない世界

整理されるのには
どうしてもどうしても時間が掛かってしまう
さあ今年も
窓から入り込む空気が味方してくれているうちに
タグ:
posted by はなほの at 01:44 |
2009.09.15

詩233

法則を見出そうとし続けることは
寂しいような気がした
タグ:
posted by はなほの at 20:19 |