メールは hanahono.office2@gmail.com へお願いします(お使いのメールソフトが開きます)

◆Twitterはhttps://twitter.com/hanahono
新都社で漫画を描いています
・「ひとりぼっちのケリル」(2012/12/14更新・連載中)
・「nikako―ニカコ―」(2014/02/18更新・連載中)
・「ふわ〜り」(2010年夏ホラー漫画企画作品)
◆絵本(新都社文芸)
・「チャリティー・マラソン」(2012/08/31 読切)

2005.12.28

web絵本:アマゾンの旅

アマゾンの旅
画像をクリックしてお入り下さい!


携帯用ページはこちら!
「アマゾンの旅」全20ページ

この文章はどうか絵本を見終わった後に読んでください!お願い!!(先入観を持たずに絵本を読んでもらうのが一番嬉しいからだった。)
ようやく2作目のweb絵本「アマゾンの旅」が完成しました!!何となくクリスマスまでには…と思っていたので、間に合ってよかった〜!(と思ったら結局他の詩や文章ができてしまいアップが遅れた。)

ここからは「アマゾンの旅」についての説明。この絵本で描いていることはすべてある日見た私の夢です。全部夢で見たままなので、そういう意味では作った部分は一切ない、と言える。NHKの自然番組か「世界ふしぎ発見」か何かでアマゾンを見たばっかりの時に「行きたい!!」と思っていたらすぐに夢に出てきて、すごく面白かったので絵本にしてみました。
この夢には本当は続きがあって(脈絡なさすぎるけど)、なぜか実家のお隣に実は昔からドリカムの吉田美和が住んでいてしょっちゅう鼻歌とか聞こえてて、私は特にそのことを意識してなかったんだけど、考えてみたら隣に有名な人が住んでるっていうのは結構すごいことだから、どうして今まで人にそのことを話したりしなかったんだろう?と思ってる…という夢だったんだけど、そこはカットしました。

ご存知の通り本物のアマゾンは青くはないし、絵本の中とはいろいろ違う訳だけど、私が夢の中でリアルに体験したアマゾンは本当にめちゃくちゃ綺麗で面白くてすごかった!最近よくみん太と話してるんだけど、想像の世界の方が現実よりずっといいってことがよくあるよね。「ついに本物を見て感動した!!」っていうことも確かにあるけど、まだ見ていないものに本当に思い入れを持ってるような場合って、やっと本物を見た時に意外にもあまりに普通に目の前にあることに何の感慨も持てなかったりするんだよね。むしろ感動できない自分に驚いたりして。そういう時自分で感動したことにしてしまいたくもなるけど。

たとえばもし宇宙に行ったらどれくらい感動するのかな?想像の中でリアルにイメージしようとする無限の広がりだとか、無重力とか、外から見た地球…。本物に近づこうとしていろいろ考えてるうちにぞっとするような瞬間があったりする。
それと、現実に体験する宇宙。何の演出もなく、当たり前に、静かに、私がそれを見ているということとは何の関係もなくそこにある物質的な世界。逆にこれが本物だってことを納得するのにすごい努力を要するのかもしれない…とか思う。実感が湧くまでに暫くかかりそうな気がする。
……でも、やっぱり宇宙行きたい!!


見たいカテゴリの記事一覧へ
posted by はなほの at 02:27 | web絵本
2005.11.22

web絵本「子犬と私」の携帯用ページを作りました!!

今まで携帯の人がweb絵本にアクセス出来なかったらしいということに気づき、急遽携帯の方用の「子犬と私」を作りました。見ようとしてくれたのに見れなかった方、今までごめんなさい!普通の記事はseesaaブログが携帯ページを自動生成してくれるから見れてたらしく、絵本のように勝手に別ファイルとしてアップしたものまで面倒見てくれないということみたい。自分たちが携帯持ってないからよくわかってなかった…。携帯の人にも見やすいようにこれからブログ全体も工夫していきます。
とりあえず出来るだけお手持ちの携帯に合わせて見られるよう、jpgとgif2種類の画像形式(i-modeのいくつかの機種はjpgが見られないとのことなので)で2サイズずつ作りました。私は手元で確かめることが出来ないから、ちゃんと見れてるかどうか教えてくれないでしょうか?

「子犬と私」全10ページ

見たいカテゴリの記事一覧へ
posted by はなほの at 10:48 | web絵本
2005.10.09

web絵本:子犬と私

子犬と私
画像をクリックしてお入り下さい!


web絵本のカテゴリを作りました。やっと発表できるのが嬉しい!!これを作ったのはもう2年くらい前で、これをどうやってブログで発表するかという問題をついつい先延ばしにしているうちに時間が経ってしまいました。

子供の頃によく、一枚の紙の真ん中に切れ目を入れて本の形にするやつ(みんな知ってるのかな?)を作って短い本を書いていました。あれってすごくいい発明だよね。誰が考えたんだろう?紙の片面しか使わないから、広告とかカレンダーの裏なんかでできるし、表紙と裏表紙を含めて8面できるんだけど、白い面はフルに使えて、印刷のある面は全部裏に入っちゃうから本当に無駄がない。完璧な作り。(知らない人は何言ってるかわからないかな?)

あれを作って書いては人に見せていたな。と言っても、家族とか本当に仲のいい友達にしか見せられないんだけど。だって素で書いてるのって恥ずかしいから…。内と外を常に使い分ける人生であった……。
結局人に認めてもらうためのものより、そういう個人的なものや内輪でしか通用しないようなものが一番面白いんだよね。

それで大学生の時(何故か就活やってる時とか)に、みん太に見せるためだけに二人だけしか登場しない絵本をよく書いていた。どうしても私の書くものってすごく閉じた世界になっちゃうのよね。
その頃のやつも一応取っておいてあるから、機会があればここに載せたいと思う。しかしすっごく汚い。その辺の汚い紙に適当に書いて、みん太に見せて、またその辺に落っこちてる…という感じなので。そういう適当なものを取っておくのは非常に面倒で気が進まないんだけど、結局何かちゃんと作ろうとしても、適当に落書きして捨てちゃうものより面白くはできないんだよねー。それが困ったところだ。

しかし、今載せてる「子犬と私」は初めからwebで公開するつもりで書いてるものです。布団の中で思いついて、忘れないうちにメモっとくかと思って、PCで文章だけ書いて後で絵を描きました。
これから先も随分前にメモだけしてうっちゃってる絵本があるので、仕上げて載せていこうと思います。乞うご期待!!

2005.11.22(20:37)
【追記】
携帯用ページはこちら!
「子犬と私」全10ページ

見たいカテゴリの記事一覧へ
posted by はなほの at 14:46 | web絵本